黄金町バザール2017
“ Double Façade 他者と出会うための複数の方法 ”

2008年より毎年開催している『黄金町バザール』は、横浜市の初黄・日ノ出町地区で地域のまちづくりに取組む「初黄・日ノ出町環境浄化推進協議会」と「黄金町エリアマネジメントセンター」が共同主催となり、まちを舞台に国内外のアーティストの作品を紹介するアートフェスティバルです。

今年で10回目を迎える「黄金町バザール2017」は、これまでの歩みを踏まえるとともに、アジアの多文化性と地域コミュニティの関係性をテーマに開催します。

開催概要

タイトル黄金町バザール2017
− Double Façade 他者と出会うための複数の方法
会期[vol.1]2017年8月4日 (金) 〜 9月13日 (水)
[vol.2]2017年9月15日 (金) 〜 11月5日 (日)
休場日第2・4木曜日
主催
認定NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター、初黄・日ノ出町環境浄化推進協議会

ディレクター/キュレーター

黄金町バザール ディレクター
山野真悟(やまの しんご)

1950年福岡県生まれ。1978年よりIAF芸術研究室を主宰、展覧会企画等をおこなう。1990年ミュージアム・シティ・プロジェクト事務局長に就任。1990年より隔年で街を使った美術展「ミュージアム・シティ・天神」をプロデュース。「まちとアート」をテーマに、プロジェクトやワークショップ等を多数てがける。2005年「横浜トリエンナーレ」キュレーター。2008年より「黄金町バザール」ディレクター、翌2009年黄金町エリアマネジメントセンター事務局長に就任。2014年度(第65回)芸術選奨文部科学大臣賞受賞。2016年横浜市文化賞受賞。

黄金町バザール2017 ゲストキュレーター
窪田研二(くぼた けんじ)

上野の森美術館、水戸芸術館現代美術センター学芸員を経て2006年よりインディペンデント・キュレーターとして活動。2008年よりKENJI KUBOTA ART OFFICE代表。2012-2016筑波大学芸術系准教授として創造的復興プロジェクトに参加。
政治、経済、教育、行政といった社会システムにおいてアートが機能しうる可能性を、アーティストや大学、企業などと協働し、様々な文化的フォーマットを用いて試みている。「X-color グラフィティ in Japan」(水戸芸術館現代美術センター、2005年)、「マネートーク」(広島市現代美術館、2007-2008年)、「Twist and Shout」(BACCバンコク、2009-2010年)、「六本木クロッシング2010--芸術は可能か?」(森美術館、2010年)、「Red Bull Music Academy: ART Exhibition」(レッドブル・ジャパン、2014年)、「Don't Follow the Wind」(福島の帰還困難区域内某所、2015年-)他、国内外の展覧会キュレーションを多数手がける。

問い合わせ 認定NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター
横浜市中区日ノ出町2-158
Tel:045-261-5467 Fax:045-325-7222
Mail:info@koganecho.net
http://www.koganecho.net