【専門講座】まちづくりコース「まちづくりは森羅万象」

まちづくりコース
  
まちをもっと元気にするために、全国各地でまちづくりの
取組みが行なわれています。
そのあり方は地域や団体によって多種多様。中にはアートの力で活動を
展開している団体もあります。
本コースでは、建築家やアートスペースの運営者をゲストに迎え、
より実践的なまちづくりの手法について学び、アートとまちづくりの
関係について探っていきます。
  
■■■スケジュール■■■
前期(2013年5月〜9月)
5/8(水)  建築家はまちへ出る:曽我部昌史(みかんぐみ)
 
5/22(水) 東急電鉄の鉄道事業の展開と今後:
       織茂宏彰(東急電鉄事業統括部事業推進課)
 
6/12(水) リノベーションと商店街再生―北九州:嶋田洋平(らいおん建築事務所)
 
6/26(水) 近代建築活用術―横浜:桂有生(横浜市都市デザイン室)
 
7/10(水) 丸の内再開発物語:恵良隆二(三菱一号館美術館展覧会プロデューサー)
 
7/17(水) 東日本大震災とまちづくり+まとめ:
       仲原正治(クリエイティブディレクター)

  
後期(2013年10月〜2014年4月)
「アートとまちづくりの関係を探る」
 
9/4(水) 銀座の街とアートの関係:山本豊津(東京画廊主宰)
 
9/18(水) 黄金町のまちづくりは、どうしてアートなのか:
       山野真悟(黄金町バザールディレクター)
 
10/16(水) バッタ、ボディチコ、唐十郎―大学で何やっているの:
        室井尚(横浜国立大学教授)
 
10/30(水) 障害者自立とアートの現在:
       柴崎由美子(NPO法人エイブル・アート・ジャパン事務局長)
 
11/6(水) クリエイティブセンター大阪と水都大阪:
       小原啓渡(アートコンプレックス統括プロデューサー)
 
11/20(水) 横浜の都市デザインとアート+まとめ:
       仲原正治(クリエイティブディレクター)
 
■■■時間■■■
19:00〜21:00
 
■■■会場■■■
高架下スタジオSite-D集会場
 
■■■受講費■■■
【前期(全6回)】10,800円
【後期(全6回)】10,800円
【通年(全12回)】19,200円
【各回】2,000円
 
■■■申込〆切■■■
前期コース・通年・・・2013年5月2日(木)
後期コース   ・・・2013年8月31日(土)
単発での受講  ・・・定員に達するまで。当日申込可能(要問合せ)
 
■■■定員■■■
各回20名
 
■■■コーディネーター■■■

nakahara_cv.jpg
仲原正治(クリエイティブ・ディレクター) 1974年東北大学法学部卒業。
横浜市職員として福祉、都市再開発、横浜美術館、赤レンガ倉庫の開発(みなとみらい21)に従事し、2004年からはクリエイティブシティの専門家として中心的な役割を担ってきた。2012年5月に横浜市を退職し、クリエイティブ・ディレクターとして独立。文化芸術によるまちづくりの支援や創造都市のネットワークを活用した仕事を進めている。現在、赤煉瓦ネットワーク通信員、MZ arts顧問(陶磁器・現代アートギャラリー)。

 
■■■申込■■■