• english page
  • facebook
  • twitter
  • instagram

スペイン・バスク若手アーティスト交流プログラム2019 Mawaオープンスタジオ
8/23(金)〜8/25(日)

mawa_openstudio.jpg

**Scroll down for English**

スペイン・バスク自治政府ビスカヤ県文化部の若手アーティスト支援プログラム「ERTIBIL BIZKAIA」で受賞したアーティストMawa(マワ)が、その副賞として7月1日から8月末まで黄金町AIRに参加し、滞在制作を行っています
8月23日(金)から25日(日)までの3日間は、滞在の成果を発表するオープンスタジオを開催します。

スペイン・バスク若手アーティスト交流プログラム2019
Mawa オープンスタジオ

会期|2019年8月23日(金)〜25日(日)
時間|13:00〜18:00 ※初日23日(金)は15:00〜
場所|黄金スタジオD(横浜市中区黄金町2-7先)、ほか
入場料|無料
協力|特定非営利活動法人黄金町エリアマネジメントセンター

<オープニングパーティー>
日時|2019年8月23日(金)15:00〜
場所|黄金スタジオD(横浜市中区黄金町2-7先)
参加費|無料

<アーティスト・プロフィール>
Mawa(マワ)
1986年スペイン・マドリード生まれ。現在ビスカヤ県ビルバオを拠点に活動。
彼の作品は都市芸術の分野を出発点とし、公共空間、記念碑、現代的なドキュメンテーションの3つの間を行き来しながら制作される。
物理的な空間が社会の出来事にどう影響するかに興味を持ち、私たちが目にしているものを再定義したり、私たちが見過ごしがちな細部に焦点をあて、新しい視点を付与したりすることで、形式的、歴史的、あるいは社会的なコンテクストにつながることを目的としている。

<アーティスト・ステイトメント>

「資本主義の終わりより、世界の終わりを想像する方がたやすい」

今回の黄金町のプロジェクトでは、ミクロの世界 −小さく見過ごされてしまうディテール− に焦点を当て、観察する。
モノ、状況、プロセスなど、人それぞれの感情にあうコンテクストを築く小さなもの。
一つ一つ異なるユニークさをつくる小さな斑点、しわ、切り傷。
日常生活を素晴らしいとされる物語やヒーローから切り離すこと。小さなモノや出来事が世界をもっといい場所にする様子を見ること。
#BlackMonuments #memory #Paper

「私を信じても構わない」ジョイス・バイヤーズ(ストレンジャー・シングズ)

---


Resident artist Mawa has been staying in Koganecho as a winner of the "ERTIBIL BIZKAIA" award for emerging artists from the Department for Culture of the Provincial Council of Bizkaia since 1st July.
From 23-25th August, he will be presenting the work created during this residency in the form of an open studio.

Baske, Spain Young Artist's Exchange Programme 2019
Mawa's Open Studio

Dates: 23-25th August 2019
Time: 13:00~18:00 *From 15:00~ on the 23rd (Fri)
Venue: Kogane Studio D (Koganecho 2-7, Naka-ku, Yokohama), and others
Admission: Free
Cooperation: Koganecho Area Management Center

<Opening Party>
Date/Time: 23 Aug 2019 (Fri) 15:00~
Venue: Kogane Studio D (Koganecho 2-7, Naka-ku, Yokohama)
Admission: Free

<Artist's profile>
MawatreS (Madrid, 1986), currently lives and works in Bilbao. Bachelor of Fine Arts and Master of Research and Creation in Art from the UPV-EHU. He has been awarded a scholarship by INJUVE (Madrid, 2015), EREMUAK (Vitoria, 2015), East Street Arts (Leeds, UK, 2015), Micro Interventions (Arts Santa Monica, Barcelona, 2015) BilbaoArte (Bilbao, 2013), the Basque Government (2017) and Ertibil Bizkaia (2019), among others. He has individually exhibited in spaces such as Espacio Trapezio (Madrid), La Ciudadela (Pamplona), East St Arts (Leeds, UK), 3Era esquerra (Girona), Sicart Gallery (Barcelona), BilbaoArte Foundation (Bilbao), Ma Studio Beijing (China) and the Montehermoso Kulturunea Cultural Center (Vitoria).
It began in the world of urban art. His work takes conceptual place between public spaces, monuments and contemporary documentation. He is interested in how physical spaces influence the social events that happen in them. His projects seek to redefine what we observe, focusing on details that are not seen, and involving new agents of perspective. The projects he develops seek to have some kind of link with their context, whether formal, historical or social.

<Artist's statement>

"It is easier to imagine the end of the world than the end of capitalism."

Mawa's exhibition in Koganecho focuses on the micro, observing small details that go unnoticed. Objects, situations, processes... Small things that help to build contexts suited to each person, feeling and emotion. Small spots, wrinkles or cuts that make each situation something different and unique. Separating everyday life from great stories and great heroes, looking at the small things that make the world a better place.
#BlackMonuments #memory #Paper

"I don't care if anyone believes me" - Joyce Byers



mawa2.JPG


<今回のアーティスト受け入れについて>
スペイン・バスク自治政府ビスカヤ県文化部が実施している若手アーティスト支援プログラム「ERTIBIL BIZKAIA」では、受賞者への副賞として、日本でのアーティスト・イン・レジデンス(AIR)の機会が提供されます。同政府からの協力要請を受けて、2018年度には、遊工房アートスペース(東京)の「Y-AIR」とStudio Kura(福岡)で、3名のアーティストが日本での滞在制作・交流プログラムを行いました。
継続実施となる2019年度は、7月から8月の2ヵ月間に、遊工房のY-AIR(東京)と黄金町AIR(黄金町)で各1名の受入を行っています。

<「Y-AIR」について>
「Y-AIR, AIR for Young」は、2013年度から遊工房アートスペースが、美大生や美大卒業生がAIRにアクセスしやすい環境づくりを目指して実践しているAIRプログラムです。アーティストが自律的な創作活動を行うための滞在制作の場としてのAIRと、アーティスト養成の学府・美術大学との協働による様々な可能性を探る活動を行い、遊工房アートスペースと女子美術大学の協働事業として実施しています。

遊工房アートスペースWEBSITE


<On the exchange programme>
The programme "ERTIBIL BIZKAIA", which supports emerging artists, and is conducted by the Department for Culture of the Provincial Council of Bizkaia in Basque, Spain, provides an opportunity to take part in an Artist in Residency in Japan as a supplementary prize for its winners. On the department's request, 3 artists took part in an exchange programme at Yukobo Art Space (Tokyo) and Studio Kura (Fukuoka) in 2018.
For the 2019 exchange programme, 2 artists have been chosen to take part in residencies for 2 months from July-August: one with Yukobo Art Space's Y-AIR (Tokyo), and another with Koganecho AIR (Koganecho).

<On Y-AIR>
Y-AIR / AIR for Young is a residency programme that has been running since 2013 with the aim of giving graduates access to Artist in Residencies. The AIR gives artists space to be creative, and conducts activities with artists in training and art graduates, in collaboration with Youkubo Art Space and the Joshibi University of Art and Design.

Yukobo Art Space WEBSITE

  • 黄金町エリアマネジメントセンター
  • 〒231-0054
    横浜市中区黄金町1-4先
  • 高架下スタジオSite-B
  • TEL : 045-261-5467
  • FAX : 045-325-7222
  • KOGANECHO AREA
    MANAGEMENT CENTER
  • Site-B Beneath the Railways
  • 1-4 Koganecho Naka-ku,
    Yokohama,Kanagawa,
    231-0054,JAPAN
  • TEL : +81-(0)45-261-5467
  • FAX : +81-(0)45-325-7222
  • MAIL : info@koganecho.net