• english page
  • facebook
  • twitter
  • instagram

鷲尾和彦「Station / Station」展|Station / Station - a solo show of Kazuhiko Washio
4/7(土)〜4/30(月・祝)

washio_dm_omote.jpg

この度、黄金町エリアマネジメントセンターは、高架下スタジオSite-Aギャラリーを会場に、写真家・鷲尾和彦の個展「Station / Station」を開催いたします。

鷲尾は、移り変わりのなかにいる人々を主な被写体として、撮影を行ってきました。今回は、作家が2015年9月にウィーン西駅で偶然遭遇したドイツへと向かう難民たちを収めた新作写真シリーズ「NEXT TRAIN」を日本初公開いたします。 また、かつて「山谷」と呼ばれた日雇い労働者の町(東京・南千住)にある外国人旅行者専門の簡易宿で撮影したバックパッカーたちのポートレート写真「極東ホテル」シリーズを、同時に展示します。

行き先が定まらないまま、駅でつかの間を過ごす難民の姿と、 海を渡り仮住まいの部屋で過ごすバックパッカーの姿は、多様な人々が行き交い、一時的に滞在し、そしてどこともなく移り住んでいく、黄金町のまち/黄金町AIRの姿と重なります。 日ノ出町駅と黄金町駅との間にある高架下のギャラリーに、安定的な場所 stationから新たな滞在先stationへと移っていくさなかの人々の時間性を出現させることで、移動するとは何か、滞在するとは何か、その自由と権利の剥奪について問いかけます。

黄金町エリアマネジメントセンター/キュレトリアル・チーム
水谷朋代、内海潤也

We are pleased to announce that we hold a solo show of photographer Kazuhiko Washio, Station / Station at Site-A Gallery beneath the Railways. Photographer Kazuhiko Washio takes pictures of people in transition and on the move.


This exhibition Station / Station shows his latest work "NEXT TRAIN" for the first time in Japan. The work depicts refugees going toward Germany whom he happened to meet at West Vienna station, September 2015. At the same time, we exhibit "Hotel Far East" series that is composed of portraits of backpackers who stayed at a cheap hostel for foreigners in an area used to be called Sanya, known for its many day-laborers.


These figures in transition remind us the Koganecho area where various kinds of people and artists come from different places, temporarily stay, and then moving to another. By presenting, in a gallery space under tracks between Hinodecho and Koganecho stations, different temporalities of those who are moving from a stable space (station) to new living place (station), Station / Station presents questions about migration, residence, our free right to move, and the deprivation of it.

Koganecho Area Management Center Curatorial Team
Tomoyo Mizuya and Junya Utsumi


鷲尾和彦「Station / Station」展
Station / Station - a solo show of Kazuhiko Washio


会期 Dates|2018.4.7 (Sat) - 4.30 (Mon)
時間 Hours|11:00 - 19:00
会場 Venue|高架下スタジオSite-Aギャラリー(横浜市中区黄金町1-6番地先)
 Site-A gallery beneath the railways (1-6 Koganecho, Naka-ku, Yokohama)
休場日 Holidays|月曜(4月30日は祝日のため開場)
 Monday *4.30 (Mon) will be open due to the national holiday
入場料 Admission|無料 Free


オープニング・レセプション Opening Reception|
2018.4.6 (Fri) 18:30-20:00

\開催決定!/
トークイベント「移動すること / 記録すること」
2018.4.22 (Sun) 16:00-17:30
会場 Venue|黄金スタジオ(横浜市中区黄金町2-7番地先) Kogane Studio (2-7 Koganecho, Naka-ku, Yokohama)
登壇者|鷲尾和彦(写真家)、安里槙(アーティスト)
司会|内海潤也(黄金町エリアマネジメントセンター キュレトリアル・チーム)
定員|30名
参加費|無料
*Only in Japanese
*トークイベント終了後、写真集をお買い上げの方にサイン会を予定


本展の見どころ
1. 新作「NEXT TRAIN」シリーズを日本初公開
中央ヨーロッパの大都市を目指し移動する難民たちの写真を、インスタレーション作品として構築し、日本で初公開いたします。撮影から数週間後には、オーストリア共和国の政局が変わり、難民流入経路は遮断され、撮影が行われたウィーン西駅も難民たちに対しては封鎖されてしまいました。現在では見ることのできない、しかし今も行き場を探しさまよう難民たちのつかの間を、空間として立ち上げます。

2. 高架下のギャラリーという特性を活かした展示
京急線が度々通り、電車が通過する音と振動が伝わるギャラリーの特性を活かして展示を構成します。人や物が実際に移動していることが体感できる空間を用いることで、サイト・スペシフィックでありながらも遠く離れた場所とのつながりを生み出します。

3. レジデンス・アーティストとの連携企画
移動するとは何か、滞在するとは何かを問いかける本展は、周りに滞在制作を行っているアーティストがいる黄金町とゆるやかにつながっています。そこで、本展のプログラムとして、レジデンス・アーティストと滞在制作や移動についてのトークセッションを開催いたします。日時は決まり次第、ホームページにて発表いたします。


アーティスト・プロフィール
washio.png
鷲尾 和彦 Kazuhiko Washio


兵庫県生まれ。1997 年に独学で写真を始める。世界的な視線から自らの居場所である「日本」をとらえた作品制作の姿勢を貫く。2009 年、『極東ホテル』を出版。2011 年、作家・詩人の 池澤夏樹氏とともに東日本大震災発生直後から被災地をフィールドワークし、書籍『春をうらんだりはしない』と写真集『遠い水平線 On the Horizon』を刊行。2014 年には日本全国の海岸線の風景を約 15 年間にわたり撮影したシリーズ『To the Sea』を刊行(序文はノーベル文学賞受賞作家であるジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオが寄稿)。
主な個展は「A la Mer - 海へ -」(ESPACE KUU 空、東京、2016 年)、「WANDERING SOULS」展(Gallery Tanto Tempo、神戸、2012年)、「極東ホテル Hotel Fareast」展(AKAAKA、東京、2010年)など。「ふたしかなその日−Seize the Uncertain Day」展(東京藝術大学大学美術館陳列館、東京、2017年)や「アルスエレクトロニカ・フェスティバル」(オーストリア、2016 年)などに参加。


Born in Hyogo, Japan. He started his career as a self-taught photographer in 1997. He has taken photos of Japan from a trans-national perspective through his whole career. The collection, titled Hotel Far East, was published in 2009 by AKAAKA art publishing. (This "Hotel Fareast" project is still ongoing over ten years). In 2011, immediately after the Tohoku Earthquake and Tsunami, Washio went on fieldwork with Naoki Ikezawa, a Japanese author/poet, in the affected areas. The outcome of the joint fieldwork were a publication Haru wo Urandari Shinai and a photography book On The Horizon. In 2014, To The Sea, a collection of photographs of coastlines across Japan taken over fifteen years, was published by AKAAKA art publishing, in cooperation with Jean-Marie Gustave Le Clézio、a Nobel Prize novelist.
His solo exhibition includes "A la Mer" (ESPACE KUU, Tokyo, 2016), "WONDERING SOULS" (Gallery Tanto Tempo, Kobe, 2012), "Hotel Fareast" (AKAAKA, Tokyo, 2010). He took part in some group exhibitions that include "Seize the Uncertain Day" (Chinretsukan Gallery, The University Art Museum, Tokyo University of the Arts, Tokyo, 2017) and "Ars Electronica Festival" (Austria, 2016).

  • 黄金町エリアマネジメントセンター
  • 〒231-0066
    横浜市中区日ノ出町2-158
  • TEL : 045-261-5467
  • FAX : 045-325-7222
  • KOGANECHO AREA
    MANAGEMENT CENTER
  • 2-158 Hinodecho,Nakaku,
    Yokohama,Kanagawa,
    231-0066,JAPAN
  • TEL : +81-(0)45-261-5467
  • FAX : +81-(0)45-325-7222
  • MAIL : info@koganecho.net