• english page
  • facebook
  • twitter
  • instagram

黄金町AIR2017成果展
3/3(土)〜3/18(日)

koganecyouair2017_banner_hp.jpg

2009年から始まった「黄金町アーティスト・イン・レジデンス(AIR) プログラム」では、元特殊飲食店舗を若手アーティストやクリエイターの制作スタジオに転用し、1年間のレジデンスプログラムとして提供してきました。2017年度現在、約50組のアーティストが滞在制作を行っています。
「黄金町AIR2017 成果展」では、2017年度にこのプログラムに参加した11組のアーティストによる成果発表展を開催します。


黄金町AIR2017成果展|Koganecho Artist in Residence 2017 Exhibition

会期 2018年3月3日(土)〜3月18日(日)
時間 11:00〜19:00
入場料 無料
休場日 月曜日
会場 日ノ出スタジオ、高架下スタジオsite-Aギャラリー、八番館、黄金スタジオ
主催 認定NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター
参加アーティスト 天草ミオ井上絢子金子未弥栗原亜也子Malinconia (田所真里奈)土居大記人見紗操マツダホーム本村桜アリス廖震平(リョウシンヘイ)吉田ゆう


イベント|Events

*オープニング・レセプション
日時|3月3日(土) 18:30〜20:00
会場|黄金スタジオ

*作品ガイドツアー
日時|3月3日(土) 13:00〜14:00
   3月18日(日) 14:00〜15:00
集合場所|高架下スタジオSite-Aギャラリー

*土居大記×Haru パフォーマンス
日時|3月17日(土) 14:00〜14:30
会場|黄金スタジオ
鑑賞料|1,000円(小学生以下無料)
予約先(要予約)|seiden.performance@gmail.com
参加アーティスト|土居大記、Haru(ダンサー)

*栗原亜也子 ライブペインティング
下記表の日時で作家が在廊し、公開制作を行います。公開制作中は「参加型オセロ・ペインティング」も開催。どなたでもご参加いただけます。
会場|黄金スタジオ
3月3日(土) 11:00〜13:00
3月4日(日) 12:00〜15:00
3月6日(火) 11:00〜14:00
3月7日(水) 11:00〜14:00
3月8日(木) 11:00〜13:00
3月9日(金) 11:00〜14:00
3月10日(土) 12:00〜15:00
3月11日(日) 12:00〜15:00
3月13日(火) 11:00〜14:00
3月14日(水) 11:00〜14:00
3月15日(木) 11:00〜14:00
3月16日(金) 11:00〜14:00
3月17日(土) 12:00〜15:00
3月18日(日) 12:00〜15:00


アーティストプロフィール

amakusa_air2017.jpg
展示のためのスケッチ|2018
天草ミオ|Mio Amakusa

1990年埼玉県生まれ。武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻修了。少女のイメージやぬいぐるみなどを使って、ドローイングやオブジェ、パフォーマティブ作品を作る。近年は透明な紙に裏から描く、レイヤーが逆転したペインティングを中心に制作している。「SENTIMENTALGAG」(2014、新宿眼科画廊)。「彼女を捕まえるための方法」(2016、新宿眼科画廊)。「BankARTAir2017」参加。


inoue_air2017.jpg
《途中伝えられる》2016|455×606mm|キャンバス、油彩
井上絢子|Ayako Inoue

1985年福岡県生まれ。佐賀大学文化教育学部美術・工芸課程卒業。移り変わる日々の景色を見つめながら、自分と他者との距離を考察し絵画制作に投影している。植栽された植物をモチーフとし、ものの在り方を問いかける。「色彩、感情、忘れ残し」(2017、日本橋三越6階アートスポット)。「Local Prospects 2 アイデンティティ」(2016、三菱地所アルティアム)。「あなたの大切なことはわたしにとって大切なことか」個展(2015、PORT)他多数。


kaneko_air2017.jpg
《地図の沈黙を翻訳せよ》2017|1650×1650×20mm|アルミ
金子未弥|Miya Kaneko

1989年神奈川県生まれ。多摩美術大学大学院美術研究科博士後期課程修了、博士号(芸術)取得。都市名から人々が抱く記憶やイメージを用いて「都市の肖像」を求める作品展開を行っている。「Tokyo Midtown Award 2017」Grand Prize受賞。「金子未弥展-都市の肖像を求めて-」個展(2016、KOMAGOME1-14cas)。「JIGUM Exhibition」(2016、Art District_p, Busan、韓国)他多数。


kurihara_air2017.jpg
《Mind Games -I'm Here.-》2017|ミクストメディア、パフォーマンス
栗原亜也子|Ayako Kurihara

1974年神奈川県生まれ。愛知県立芸術大学美術学部油画科卒業。「オセロ・ゲーム」のルールを用いて2色のドットを塗り重ね増殖させていくペインティング作品「Mind Games(マインド・ゲーム)」など、「他者との関係性」や「領域と侵犯」を意識した作品を多様なメディアを用いて制作している。「WE ARE HERE」プロジェクト参加(2017、黄金町エリア)。「明日香の匠展」(2017、奈良県立万葉文化館)他多数。


tadokoro_air2017.jpg
Malinconia|2017
Malinconia (田所真里奈|Marina Tadokoro)

1993年神奈川県生まれ。2016年10月Malinconia始動。毎日いちばん最初に身につける下着を通して、軽やかな気持ちになる。つける人と一緒に夢をつくってゆくランジェリーを提案している。


doi_air2017.jpg
《土居大記×Haru:即興パフォーマンスー「静電」》2017-2018|空間、パフォーマンス
土居大記|Hiroki Doi

1991年香川県生まれ。学生時代建築を学んだ後アーティストへ。主に空間インスタレーション、パフォーマンス、製本などの手法を用いて表現している。空間と身体の間にある「なにか」に気づくために。近年、他者との共同制作にも力を入れている。「土居大記×Haru:即興パフォーマンス "静電"」(2017-2018、大平荘スタジオB)。「OPEN STUDIO 発芽する綻び」(2017、大平荘スタジオB) 他多数。


hitomi_air2017.jpg
《アイ・ドント・ライク・ユー》2018|映像(8分)、写真パネル、ネオンサイン
人見紗操|Saaya Hitomi

1987年東京都生まれ。武蔵野美術大学芸卒業。ウィーン美術アカデミー留学。東京藝術大学大学院在籍。他者は可能性としての自分自身であるという考えのもと、他者との共同パフォーマンスや映像、その他メディアを問わず作品制作を行う。「ロックとアートの蜜月な日々」(2017、はじまりの美術館)。「Open Studio」(2016、Hangar /Center of Artistic Research、ポルトガル ) 「Rund-Gang 2016」スクリーニング(2016、HBK、ドイツ)他多数。


matsuda_air2017.jpg
《生活》2017
マツダホーム|MATSUDA HOME

アーティスト松田直樹・るみによるユニット。2017年結成。同年、「黄金町バザール2017 −Double Façade 他者と出会うための複数の方法」に参加し、展覧会会期中自らの住んでいる部屋を展覧会会場としながらも、ただ日常生活を続ける事をした。


sakura_air2017.jpg
《Ooka River Flower, 2018》2018|大岡川の花、映像インスタレーション
本村桜アリス|Sakura Alice Motomura

1985年オーストラリア生まれ。オーストラリア国立大学美術学科絵画専攻卒業。2010年に東京へ拠点を移し、2014年多摩美術大学修士過程卒業。作品を通して分裂、変化、成長、はかなさ、癒し、カタルシスなどの概念を探求する。歴史、言語、心理学、自然現象から受けるインスピレーションをもとに、近年では多様なメディアを用いて作品を制作している。


liao_air2017.jpg
《有白線的樹-1》2014|530x410mm|キャンバスに油彩
廖震平|Zenping Liao

1982年台湾新北市生まれ。国立台北芸術大学美術創作研究科絵画専攻卒業。2013年創作拠点を横浜に移転。「BankART Artist in Residence 2016,2017」参加。「横浜北部美術公募展2015」審査員賞受賞。「トーキョーワンダーウォール公募2015」入選。「漂白する私性 漂泊する詩性」(2018、横浜市民ギャラリー)。「U35-廖震平展」個展(2017、BankART Studio NYK)。「只在此山中」個展(2017、東京アーツギャラリー) 他多数。


yoshida_air2017.jpg
《サメが上がった日》2017|スタイロフォーム、ブルーシート、ロープ
吉田ゆう|Yu Yoshida

1986年神奈川県生まれ。女子美術大学大学院美術研究科修士課程美術専攻版画研究領域修了。「サメが泳ぐ都市」個展(2018、LYURO-THE SHARE HOTELS)。「生きる時間」個展(2016、BUKATSUDO GALLERY)。「BankART Artist in Residence OPEN STUDIO 2017」(2017、BankART Studio NYK)「THE INTERNATIONAL LITHOGRAPHY COMPETITION "LITHO-KIELCE2015"」(2016、ポーランド)他多数。


関連イベント

*スタジオ・ビジットツアー
日時|2018年3月11日(日) 13:00〜14:00
集合場所|かいだん広場
黄金町エリアには「黄金町AIR2017成果展」参加アーティストの他にも多くのアーティストが滞在制作しています。彼らが普段どのような環境で制作をしているのか、現在どのような作品作りに取り組んでいるのか、スタジオを訪ねて回るツアーです。
▶︎訪問スタジオの詳細は随時更新!(Coming Soon)


同時開催

河合里佳 個展「光の重さ-フォトスキアグラフィア-」
会期|2018年3月3日(土)〜3月18日(日) ※会期延長となりました。
時間|11:00〜19:00
休場日|3月12日(月)
会場|高架下スタジオSite-Aギャラリー(横浜市中区黄金町1-6番地先)
主催|公益財団法人五島記念文化財団
協力|三菱ケミカル株式会社、3M・スコットセーフティー、株式会社TRINC

イギリスを拠点に活動する河合里佳が、平成7年度五島記念文化賞美術新人賞の研修帰国記念展として日本で約20年ぶりに開く個展。本展で発表される作品は、2017年、黄金町に短期滞在しながら制作されました。
▶︎展示詳細はこちら


会場・アクセス


▶︎日ノ出スタジオ(横浜市中区日ノ出町2-145番地先)


▶︎高架下スタジオsite-Aギャラリー(横浜市中区黄金町1-6番地先)


▶︎八番館(横浜市中区初音町2-42-3)


▶︎黄金スタジオ(横浜市中区黄金町2-7番地先)


アクセス
・京急線「日ノ出町駅」または「黄金町駅」より徒歩約5分
・JR 「桜木町駅」または「関内駅」より徒歩約15分
・横浜市市営地下鉄「桜木町駅」より徒歩約15分、「伊勢佐木長者町駅」より徒歩約10分
  • 黄金町エリアマネジメントセンター
  • 〒231-0054
    横浜市中区黄金町1-4番地先
    高架下スタジオSite-B
  • TEL : 045-261-5467
  • FAX : 045-325-7222
  • KOGANECHO AREA
    MANAGEMENT CENTER
  • Site-B Beneath the Railways 1-4 Koganecho,Nakaku,
    Yokohama,Kanagawa,
    231-0054,JAPAN
  • TEL : +81-(0)45-261-5467
  • FAX : +81-(0)45-325-7222
  • MAIL : info@koganecho.net