シンポジウム「まちに出たアートはどこへ向かうのか?」
9/16(土)〜9/18(月・祝)

「黄金町バザール2017-Double Façade 他者と出会うための複数の方法」の一環で、シンポジウム「まちに出たアートはどこへ向かうのか?」を3日間にわたり開催いたします。

sympo2017_fix_f.jpg

1980年代から90年代にかけてホワイトキューブからまちに出たアートは、現在、その目的や運営形体を多様化させながら日本各地においてコミュニティに根ざした芸術活動として今も広がりをみせ続けています。
本シンポジウムでは、アートがなぜまちに出たのか振り返るとともに、行政や民間との連携の問題を始めとした、現在のアートとそれをとりまく状況について課題を共有し、アジアを視野に入れた文脈から「まちに出たアート」のこれからの可能性について議論します。

日 程|2017年9月16日(土)~18日(月・祝)
会 場|高架下スタジオSite-D集会場(横浜市中区黄金町1-2番地先)
入場料|黄金町バザール2017パスポート(700円)
助 成|平成29年度文化庁アーティスト・イン・レジデンス活動支援事業
登壇者|
<9月16日(土)プログラム1:地域アートの現在>
芹沢高志(P3 art and environment 統括ディレクター)
藤田直哉(批評家、二松學舎大学・和光大学 非常勤講師)
進行|窪田研二(インディペンデントキュレーター、黄金町バザール2017ゲストキュレーター)

<9月17日(日)プログラム2:アジアからみた「まちに出たアート」の可能性>
イ・ジョンヒョン(653芸術商会ディレクター/韓国)
ロイ・ヴォーゲン(キュレーター、詩人/オランダ)
リン・チンイ(ナショナル・ギャラリー・シンガポール キュレーター/シンガポール)
ウ・フェイチェン(ARTFIELD ディレクター/台湾)
進行|平野真弓(キュレーター、98B COLLABoratory)

<9月18日(月・祝)プログラム3:まちに出たアートはどこへ向かうのか?>
北川フラム(アートディレクター)
山野真悟(黄金町バザールディレクター)
進行|佐脇三乃里(黄金町エリアマネジメントセンター)

各回の詳細はこちら(黄金町バザール2017公式サイト)をご覧ください

  • 黄金町エリアマネジメントセンター
  • 〒231-0066
    横浜市中区日ノ出町2-158
  • TEL : 045-261-5467
  • FAX : 045-325-7222
  • KOGANECHO AREA
    MANAGEMENT CENTER
  • 2-158 Hinodecho,Nakaku,
    Yokohama,Kanagawa,
    231-0066,JAPAN
  • TEL : +81-(0)45-261-5467
  • FAX : +81-(0)45-325-7222
  • MAIL : info@koganecho.net