伊東純子展「maybe I think too much」
2017/1/14(土)〜1/29(日)

**English follows**
ito_omote.jpg
黄金町エリアマネジメントセンターでは、1月14日(土)より企画展、伊東純子「maybe I think too much」を開催します。


アーティストステートメント

itou_uma.jpg人と適当な距離をとることが苦手です。
子どもの頃から、家族でも友人でも同性でも異性でも、相手のことを想い過ぎて、そのまま言葉にするは重すぎ、上手くその熱量を伝えられなくて、すれ違ったり、想っていないふりをしたり、自分で自分をごまかしたりしています。
オーダーで人の服を作る仕事では、採寸をして体型を把握しその人に似合うようにデザインします。知る限りの情報からその人へのこちらの勝手な想いを思う存分巡らせ、その人の分身を作るような気持ちで制作しています。 言葉や態度で表現できない想いを、服作りに込めて、自分の中の熱を醒ましているのかも知れません。
今回の展示のテーマは、2011年から横浜美術館 子どものアトリエに依頼されて制作してきた、布でつくる遊び道具「Soft Toy」がきっかけになっています。特に重度障がいを持った子ども達が、皮膚感覚や重力でおもちゃと触れ合うことができるように、明るい配色や親しみやすい形、触り心地にこだわって制作してきました。いくつか作ってきているうちに、むしろ自分自身が作っているものに癒されていることに気が付きました。人生にはとかく試練や悩みは付き物ですが、心地よい色や形、テクスチャーに触れることは、シンプルに気持ちの角が取れるように思います。
「maybe I think too much」展では、行き場のない過剰な想い、伝えられなかった想いを、ソフトな立体作品として展示します。会場内の展示作品は、観客が自由に触ることができます。
世界が、YesかNoか好きか嫌いかを迫ってくる逃げ場のない場所になってきている時代に、黄金町という曖昧さや許容力をまだかろうじて維持している小さな世界で、今の私に出来る小さなことが、何かの作用を及ぼすことができればと願います。

伊東純子



伊東純子展「maybe I think too much」
会期:2017年1月14日(土)〜1月29日(日)
時間:11:00〜19:00
休館日:月曜日
入場料:無料
協力:横浜美術館子どものアトリエ 
会場:高架下スタジオ Site-A ギャラリー(横浜市中区黄金町 1-6 番地先) 

 
主催:NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター


オープニングパーティー  
日時|2017年1月14日(土)18:00~20:00  
会場|高架下スタジオ Site-A ギャラリー(横浜市中区黄金町1-6番地先)   
参加費|500円 

ワークショップ
毛足のある生地でモコモコの小さなモンスターを作りましょう。
日程|1月15日(日) 、1月21日(土)
時間|12:00〜15:00
会場|高架下スタジオ Site-A ギャラリー(横浜市中区黄金町1-6番地先) 
材料代|500円

クロージングイベント
Slippage(スリッページ)ライブセッション!! 
日時|1月29日(日) 19:30〜
入場料|無料
会場|高架下スタジオ Site-A ギャラリー(横浜市中区黄金町1-6番地先) 



ito_ura_images.jpg


-----------------------------------------------------------------
 
Junko ITO「maybe I think too much」

Date|Jan. 14 [Sat], 2017 - Jan. 29 [Sun], 2017
Time|11:00-19:00
Venue|Site-A Gallery Beneath the Railways (1-6 Koganecho, Naka-ku, Yokohama)
Closed on|Monday
Admission|Free
Cooperation with|Yokohama Museum of Art Education Project - Children's Workshop
Organized by|NPO Koganecho Area Management Center

Event|
Opening Party 
Date|Jan. 14 [Sat], 2017
Time|18:00~20:00  
Venue|Site-A Gallery Beneath the Railways (1-6 Koganecho, Naka-ku, Yokohama)
Charge|500yen 

Workshop
Make your small monster with fluffy fablic!
Date|Jan. 15 [Sun] / Jan. 21 [Sat]
Time|12:00〜15:00
Venue|Site-A Gallery Beneath the Railways (1-6 Koganecho, Naka-ku, Yokohama)
Material costs|500yen

Closing Event
Slippage Live!! 
Date|Jan. 29 [Sun]
Time|19:30〜
Venue|Site-A Gallery Beneath the Railways (1-6 Koganecho, Naka-ku, Yokohama)
Charge|Free

Artist Statement
I'm not good at communicating people. I worry too much about what other people think before I say something to them and end up telling nothing. Then I act like I didn't care to hide my overwhelming thoughts. It's been all the same to everyone - my family and friends whomever men or women - since I was a child.
My work starts from measuring person's size. By doing this, I get to know the body and the person. Based on the collected information, I design the most suitable dress and create a one which fits perfectly for him/her. My imaginations and thoughts are expressed through the dress without worrying about direct communication skills. This is the method I feel pretty comfortable with.
The theme of this exhibition is the "Soft Toy" which is made with soft cloth and for children with severe disabilities. I was asked by Yokohama Museum Children's Studio in 2011 to create soft toys for these children to touch and feel the healing softness. Since then, I've created toys with bright colour cloth, easy-to-touch shapes and soft and fluffy texture. Then I found myself was also healed by these soft toys. With or without disabilities, young or old, men or women, we all are healed by them.
"Maybe I think too much" is an exhibition of untold feelings and thoughts through the Soft Toys. Anyone can touch and feel the exhibits there. Hope I could do something to help open your untold and locked feelings in your heart through this exhibition.   

Junko ITO


Junko ITO
Junko ITO was born in Tokyo and completed her study in the Oil Painting department of Tama University of Art and graduated from the Bunka Fashion College specialized in Technique of Couture.
Since 1995, she has been presenting her works in group exhibitions and in forms of performance.
In 2009, she established the original brand "un:ten", and since then she has been based in Hinode Studio as an artist in the long-term residency program.
Since 2013, she is the instructor of the Dress Making course in the Koganecho Art School.