kumagusuku「attraction / アトラクション」
12/3(土)〜12/25(日)

**English follows**
 
黄金町エリアマネジメントセンターでは、12月3日(土)より企画展、kumagusuku「attraction /アトラクション」を開催します。 

kumagusuku_flyer.jpg

「kumagusuku(クマグスク)」は、美術家・矢津吉隆が2015年に京都に開設した"アート"と"ホステル"を融合させた宿泊型のアートスペースです。美術館でもギャラリーでもないこの場所では、年に一回のペースで展覧会が開催され、ここを訪れる鑑賞者は同時に宿泊者となり、宿泊という経験をとおしてアートと出会います。矢津は「kumagusuku」を変容させながら、美術を"体験"として深く味わうことができる場をつくり出し、アートと日常の関係を空間のあり方から見出そうと試みています。

本展では、矢津の新作である展示のための"装置"をギャラリーに出現させます。3つの小さな空間で構成された"装置"には、黄金町を拠点に活動するアーティスト、木村有貴子、陶韡(タオ・ウェイ)、スザンヌ・ムーニーの作品を展示します。一般的な展示空間のスケールとは異なる状況におかれた作品とじっくり向き合うことで、ひとつひとつの作品と対話する時間を体験することができるでしょう。

kumagusuku01.jpg

「kumagusuku」外観, 京都


kumagusuku02.jpg
「kumagusuku」内観, 京都


"私たちは、美術とは単に癒しや美しさのためだけでなく、
日常をあらたな視点から捉え直し、
世の中に様々な問いを投げかけるものだと思っています。"
(kumagusuku代表 矢津吉隆)

 
 
kumagusuku「attraction /アトラクション」
会期:2016年12月3日(土)〜12月25日(日)
時間:11:00〜19:00
休館日:月曜日
入場料:無料
参加アーティスト:矢津吉隆、木村有貴子、陶韡(タオ・ウェイ)、スザンヌ・ムーニー
協力:京都造形芸術大学ウルトラファクトリー、横浜美術大学《夜の学校》プロジェクト

会場:高架下スタジオ Site-A ギャラリー(横浜市中区黄金町 1-6 番地先) 
 
 
主催:NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター


[オープニングパーティー|OPENING PARTY]  
日時:2016年12月3日(土)18:00~20:00  
会場:高架下スタジオ Site-A ギャラリー(横浜市中区黄金町1-6番地先)   
参加費:500円 

 
[ギャラリートーク|GALLERY TALK] 
kumagusuku-talk.jpg
ゲスト:長坂 常(スキーマ建築計画代表 / 建築家)
 
日時:2016年12月4日(日)17:00~18:00  
会場:高架下スタジオ Site-A ギャラリー(横浜市中区黄金町1-6番地先)   
参加費:無料 



<プロフィール>
矢津吉隆 Yoshitaka YAZU
美術家、 kumagusuku 代表
1980年大阪生まれ。2004年京都市立芸術大学美術科彫刻専攻卒業。
京都造形芸術大学非常講師。
京都を拠点に活動。立体を中心に様々な素材を用いてインスタレーション作品を制作。主な展覧会に「青森EARTH 2016 根と路」青森県立美術館(2016)、個展「umbra」Takuro Someya Contemporary Art (2011)など。2013年、AIRプログラムでフランスのブザンソンに2ヶ月間滞在。また、作品制作と並行し、宿泊型アートスペース kumagusuku を起業、瀬戸内国際芸術祭2013 醤の郷+坂手港プロジェクトに参加。2015年1月に京都市中京区にKYOTO ART HOSTEL kumagusuku を正式オープン。
 
-----------------------------------------------------------------
 
kumagusuku「attraction」

Date|Dec. 3 [Sat], 2016 - Dec. 25 [Sun], 2016
Time|11:00-19:00
Venue|Site-A Gallery Beneath the Railways (1-6 Koganecho, Naka-ku, Yokohama)
Closed on|Monday
Admission|Free
Organized by|NPO Koganecho Area Management Center


"Kumagusuku" is an accommodation-influenced art space established by artist Yoshitaka Yazu in Kyoto, in 2015. It is an art space fused with the idea of "art" and "hostel". In this location that is neither a gallery nor museum, an exhibition is held once a year. Those who stay here encounter the art as part of their experience as guests. In transforming "kumagusuku", Yazu aims to create a place that can provide a deeper experience of art, attempting to connect art and the everyday through the nature of the space. 
In this exhibition, Yazu exhibits a new work, an "apparatus", in the gallery space. Within the three small spaces of this "apparatus", the works of Koganecho artists--Yukiko Kimura, Tao Wei and Suzanne Mooney--will be showcased. You will be able to spend time interacting with each of the works, in this situation that has been designed to differ greatly in scale from that of a regular exhibition space.


"We believe art should be not only for ease and beauty but for the functionality that enables us to shift our point of view and to bring questions in human society. "                                
(Yoshitaka YAZU)
  


Yoshitaka YAZU
Artist / President (Kumagusuku)
Yazu was born in Osaka in 1980 and graduated from Kyoto City University of Arts in 2004. He is a lecturer at Kyoto University of Art and Design, based in Kyoto, and makes installations, mainly sculpture, using various materials.
Solo exhibitions include "umbra" Takuro Someya Contemporary Art (2011) , and group shows include Aomori EARTH 2016:Roots and Routes(2016) and more.
In 2013, Yazu spent time on an AIR program in Besancon, France, started up a new type of art space "kumagusuku" , and joined "Setouchi Triennale 2013, and Project /Relational Tourism ", Shodoshima island, Kagawa, Japan. And 2 years later, KYOTO ART HOSTEL kumagusuku was officially opened.