• english page
  • facebook
  • twitter
  • instagram

【12/5〜12/20】潘 逸舟「存在を支配するもの」展
12/5(土)〜12/20(日)

黄金町エリアマネジメントセンターでは、12月5日(土)より高架下スタジオSite-Aギャラリーにてアーティスト潘 逸舟(はん いしゅ)の個展を開催致します。 
 
han_rgb.jpg 

撮影:山本糾
 
 
潘逸舟はこれまで、自身の身体をつかったパフォーマンス性の高い映像を軸に、写真や立体、インスタレーションの技法を用いながら、一貫して自身や社会におけるアイデンティティの問題を問い続けてきました。今、個人と国、あるいは国同士をめぐる状況は大きく変化しています。私たちの存在は、何によって定義され、条件づけられるのでしょうか。 
今回の展覧会では、潘逸舟がこれまでに制作してきた旧作から新作を同時に紹介し、それらを再解釈/再構成することで、私たちがいま直面する自己と他者との関係性を問いなおします。 
 
潘 逸舟「存在を支配するもの」
会期:2015年12月5日(土)〜12月20日(日) 
時間:11:00〜19:00 
休館日:月曜日 
入場料:無料 
 
会場:高架下スタジオ Site-A ギャラリー(横浜市中区黄金町 1-6 番地先) 

 
主催:認定NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター 
協力:FUF Studio 
 
★オープニングパーティー
潘 逸舟が在廊いたします。この機会にぜひご来場ください。 
日時:12月5日(土)18:00〜20:00
参加費:500円
 
★ギャラリートーク 
日時:12月20日(日)18:00〜 
参加費:無料 
 
 
<アーティストプロフィール> 
潘逸舟 Ishu Han 
1987年中国上海市生まれ。1997年から2006年まで青森県に住む。東京芸術大学美術研究科先端芸術表現大学院修了。現在東京在住。 
 
2015年「隣り合う記憶」(iscp/ニューヨーク) 
2015年「In the wake」(ボストン美術館/アメリカ) 
2014年「アジアン・アナーキー・アライアンス」(開渡美術館/台湾) 
2013年「Study Country」(VCA School of Art /メルボルン) 
2013年「在地未来」(何香凝美術館 /中国) 
2012年「第16回 文化庁メディア芸術祭」(国立新美術館 /東京) 
 
han_image2.jpg 
 
han_image1.jpg