クリス・チョン・チャン・フイ(マレーシア) Chris Chong Chan Fui (Malaysia)
2010年2月18日(木)

Chris-Chong-Chan-Fui0001.jpg

実験映画から映像インスタレーション、そして長編映画をも手がけるクリス・チョンは、伝統的な技法と新しいメディアの境界で表現活動を展開しています。2009年黄金町に滞在し、サウンドデザイナー森永泰弘との共作で《HEAVENHELL》を製作しました。クリスの略歴(英)はこちらをご覧下さい。
 
インタビュー・編集:平野真弓 写真:笠木靖之 / 2010.2.18

 


Q:クリスさんに初めてお会いしたのは昨年の6月。クアラルンプールにあるセントラルマーケットという商業施設のカフェで待ち合わせましたね。派手な土産物屋が入ったどこにでもあるような空間で、《BLOCK B》のお話しを伺ったのを良く覚えています。この作品では、巨大な団地の建物全体を定点から捉え、ひとつの幾何学模様の面として浮かび上がらせるのですが、映像が進むとともに、その中を行き交う人の動きや光の変化が見え始めます。そこに森永泰弘さんがデザインした音の要素が重なり、壁の向こうの、ひとつひとつのセルの中にある人の生活が詩的に浮かび上がってきます。
この作品について、建物を「形」として観察する中からストーリーが自然に生まれたとおっしゃっていたので、黄金町にある元売春宿の典型的なつくりと、現在の街並みをお話したいと思いました。実際の黄金町をご覧になって、私の説明から想像された街並みとの違いを感じましたか?

 
クリス:私が思っていた以上に、黄金町には過去の面影が感じられました。赤色のテント看板は今も残っていたし、高層ビルが全く建っていないことにも驚きました。私が状況をきちんと把握していないのかもしれませんが、外国人の視点からすると、物質的な歴史の痕跡が黄金町には残されていました。
《BLOCK B》でもそうなのですが、道であれ建物であれ、ある空間の構造をじっくり観察していると、過去の名残や跡形のようなものが見えてきます。それまでの時間の流れを示す、消去不可能で不変な何かが。社会の発展や近代化のためにどんなに一生懸命隠そうとしても、場所が持つ雰囲気は、隠せないんですよね。一歩引いて見てみると、構造物は線と形で構成されているのが分かります。人はその中でただ生活をするのではなくて、これらの線や形に手を加えようとするんです。塗装したり、増築したり、汚してみたりして、何とか操ろうとするんです。私は、この線と形のわずかな変化が歴史を物語るのだと思っています。
 
 
Chris-Chong-Chan-Fui002.jpg
《HEAVENHELL》撮影風景 09.10
 
Q:黄金町でのリサーチの結果、黒澤明監督が「天国と地獄」で描き出したこの街のイメージが、新作のテーマとなったのですが、これは、街の現状よりも、黒澤監督が作り出したイメージに、リアリティを感じたからでしょうか。映画・映像が現代社会に及ぼす影響、またその関係についても、併せてご意見をお聞かせ下さい。
 
クリス:黄金町を実際に訪れて初めて、「天国と地獄」の舞台が黄金町周辺だったことを知りました。街の人から、売春宿が立並んでいた黄金町の路地が、この映画のワンシーンのモデルになったという話しを聞いて、過去のひどい状況を知りました。とても偶然のできごとでした。自分が実際に、黒澤映画の舞台となったであろう場所に立てたことに興奮を覚えました。これも、素敵な偶然でした。
 
黒澤監督の「地獄」のシーンはとても劇的に描かれているし、製作当時からは日本社会自体も大きく変わっていることは想像できたので、2009年にリサーチの目的で黄金町に来たときは、「天国と地獄」に出てくるような街並みがあるとは思いもしませんでした。
 
黒澤監督自身も、当時の黄金町の路地そのものを表現しようとしたのではないと思います。映画で描かれているのは、むしろ、監督の黄金町のイメージに基づいた光景のように見受けられます。このシーンはとても表現豊かに描かれています。例えば、悪役のサングラスに映り込む光や、路地にたむろしている人たちのゾンビのような動きなど、とても丁寧に演出されています。台詞はないのですが、たくさんの要素が盛り込まれています。全体的に警察の推理映画のような雰囲気が強いこの作品の中盤に、スタイルが違うこのシーンを挿入しているのは、とても冒険心があると思います。
 
Chris-Chong-Chan-Fui003.jpg
《HEAVENHELL》撮影風景 09.10

映画 / ビデオ / ニューメディアが、現代社会にどのような影響を与えているか ― これはとても大きな問題です。視覚媒体が私たちに与える影響は過大で、良い目的にも悪い目的にも用いられてきました。

現在、メディアは、表現手段というよりも、販売促進の手段として使われています。世界で最も未発展とされる地域、もしくは遠隔地でさえも、国際的な企業ブランドが推進するイメージを目にします。それは、有名なシンガーだったり、映画俳優だったり、アーティストだったりするのですが、こうしたイメージが世界中に広がっていくに連れて、地域文化が希薄なものになっていきます。この状況は拒否できないし、止めることもできません。でも、ここで重要な問題は、こういったイメージを作る立場に居るのは誰か、どのような責任感を持って彼らはイメージを作っているかということだと思います。
 
デジタル化は「民主主義」のミディアムだと思われがちですが、私はその逆だと思っています。デジタルカメラにビデオ、携帯電話やその他の新しいメディアは、クリエイティブな活動の道を大きくひらいているように思われがちですが、それに付随する責任という問題に関しては触れられていません。財政的に裕福であればあるほど、簡単に情報が発信できてしまう。誰もがイメージを作ることのできる立場にあるという状況は、社会の落とし穴だと思います。最終産物に向かって、全速力で進むのではなくて、制作の過程そのものにもっと時間を費やすようになることを願います。ユーチューブやフェイスブックなどの新しいメディアの登場によって、たくさんの人の声が幅広く公開されるようになっていますが、実際に発言する前に、きちんと考えることの大切さに気づく必要があると思います。
 
 
Chris-Chong-Chan-Fui004.jpg
《HEAVENHELL》
 
Q:《HEAVENHELL》の製作にあたり、日本の若手アーティストやスタッフとのディスカッションが連日行われ、最終的には、出演者も含め多数の人の協力で、クリスさんのアイデアに基づいたイメージが街に作り込まれていったのですが、その過程は、黄金町のまちづくりと、何か共通点があるような気がしました。
 
クリス:《HEAVENHELL》の製作は、手探りで進めていくような感覚で、とてもやりがいのある作業でした。少しずつ、少しずつストーリーが生まれてくる。街で活動する人とのディスカッションやその他の思いもよらないところから、アイデアが生まれてくる。実際、何かを発見するための調査というか、ドキュメンタリー作品みたいな感じでした。
 
 
Chris-Chong-Chan-Fui005.jpg
《HEAVENHELL》

Q:黄金町のまちづくりは、現在の街並みを、大きなビルで瞬時に置き換える大型の都市開発ではなく、既存の建物に手を加え、新しい活動を導入する「空間の再生」という手法をとっています。その作業をアーティストや建築家といった、イメージを形にしていく力を持つ人たちと共に進めています。クリスさんも、森永さんを筆頭に、他のアーティストや、その他多数の人との協同製作を行っていますが、その魅力を教えて頂けますか?
 
クリス:単調なリズムでの製作は苦手です。もし自分が変化や変動のない作品製作を続けていたら、それはとても残念に思います。共同作業は、未知の場所や異文化に、自分がよそ者として関わったときに感じる、難しさとやりがいのような、自分ひとりでは思いもよらない方向性を示してくれます。また、コラボレーションというのは、人との作業だけではなくて、構造体やオブジェとの協同という側面もあります。《HEAVENHELL》の場合は、黄金町の路地に対するアイデアとの協同作業という感覚もありました。街の現状に合わせて自分のアイデアを練り直すのと同時に、路地の光景も私のイメージに適合させなければならない。コラボレーションは、最後まで何が出てくるかわからないけれど、最も着実で信頼のおけるプロセスだと感じています。責任感とマナーをもって進められれば、未知の可能性と実り多い結果をもたらしてくれます。私は、これからもコラボレーションの形で製作を続けて行きたいとおもいます。特に、建築家と。
 
 
Q:今後の予定を教えて下さい。
 
クリス:クアラルンプールの高速道路橋をテーマにしたビデオインスタレーションを制作しています。それと同時に、私の出身地であるマレーシアのボルネオのサバ、コタキナバルを舞台にした私の第2作目となる長編映画の台本を執筆中です。






-------

Chris Chong Chan Fui (Malaysia) Artist

From experimental to feature-length films and video installations, Chris Chong works on the border between traditional technique and new media. He stayed in Koganecho in 2009 and created new media installation "HEAVENHELL" in collaboration with the sound artist, Yasuhiro Morinaga. Please click here for Chris' bio.

Interviewer & editor: Mayumi Hirano, Photographs: Yasuyuki Kasagi


rom experimental to feature-length films and video installations, Chris Chong works on the border between traditional technique and new media.

Q:We met for the first time in last June. We were sitting in a cafe at KL's Central Market - a very commercial space filled with kitschy souvenir shops. I thought it was interesting to learn about "BLOCK B" in such an ubiquitous space. In "BLOCK B," the camera captures the exterior of a massive apartment complex from a fixed point, so the building appears as a geometric surface.

As time passes, viewers watch the movement of people in the grid and see the sun light move across the space. Together with Yasuhiro Morinaga's sound elements, I feel that the work poetically presents the lives of people behind the wall, in each cell. You've mentioned to me that first you see a building as a form, and then stories naturally arise from that kind of contemplation. At that point I thought it best to describe the typical structure of brothels in Koganecho. Did you find the actual townscape of Koganecho different from what you had imagined from my explanation?

Chris:The townscape of Koganecho had more remnants of it's past then I had previously imagined. I was surprised that the red awnings were still up and that the small streets were not yet overwrought with generic high-rise buildings. From an outsider's point of view, there were traces of physical history even though I may not understand it all. Like BLOCK B, when you look at the infrastructure of a space, whether it be a building or street, and you look at it long enough, you will notice these remnants and traces. Something that is indelible and permanent that marks a period of time. A personality always shows itself however hard we may try to cover it up for the sake of development and modernity. When you take a step back, infrastructures are formed by lines and shapes. We are then forced to work and live in these lines and shapes. Instead of just living in these lines and shapes, we try and change it as we move in it. We paint, we build, we stain, we manipulate. The lines and shapes change slightly which gives it a history.


Q:After your research in Koganecho, you based your proposal on an "image" of Koganecho from an Akira Kurosawa's film "High and Low." Does this mean that you found more reality in Kurosawa's film than the actual situation of the town? A potentially related question, what are your thoughts on how film, video and new media is influencing the way we experience the world.

Chris:Before I came to Koganecho, I never realized that "High and Low" was filmed in that area. It was only when one of the residents mentioned that Kurosawa shot on those brothel streets that I realized that the street had another more scandalous life years ago. It was a great coincidence. I was very excited to be on a street that the film was shot on. It was a wonderful coincidence.

The way Kurosawa shot the scenes of Koganecho was very theatrical, and I knew that things would have changed since the 60's, so I didn't expect to see the same thing when I came for the research trip in 2009. I don't imagine that Kurosawa also saw the streets of Koganecho in that same way as he shot it in the film. Kurosawa's scene seemed more like more an interpretation of what he felt when he thinks of that street. It was very expressive. The use of reflections from the villain's sunglasses; the carefully choreographed zombie-like movements of the residents. A lot was being said in this scene without any dialogue. I thought it was quite brave of Kurosawa to throw this scene in the middle of the film. It was stylistically very different from the rest of the film which was more of a police thriller.

It's a very big question to find an answer on how film / video / new media influences the world we live in. The visual medium is so powerful, but it has been used both in a negative way and a positive way. Media is being used to sell rather then to express. Even in the least developed or most remote areas of the world, popular iconic branded images from international corporations can still be seen and this includes singers, film actors, artists, etc. Access to images from all around the world dilutes a community's culture. That is undeniable and it is unstoppable. For me, it's about who has access to create these images and how responsible they are when they create it. I feel that too many people think that the digital age is a 'democratic' medium, but I think the opposite. Digital video cameras, hand-phones, and other new mediums supposedly make it easy to be a creator, but the idea of responsibility is left unquestioned. Therefore it becomes who has the greatest financial wealth and hence the greatest access to being heard. Giving everyone access to creating images so quickly is like a gimmick. A quick and easy trend. It is haphazard and juvenile. I hope people would take their time in creating rather then always racing for an end product. With new medias, there are many voices in the world now (youtube, facebook, etc) and easy access to them. I think it's time to stop and think before we speak.


Q:Producing "HEAVENHELL" took long hours of discussion with other young artists and staff members, and finally your image was realized in the actual street in collaboration with many people including the cast and residents. I felt this process was somehow similar to our work in Koganecho - town rejuvenation by art.

Chris:I truly enjoyed the process for HEAVENHELL. I liked the idea of going into the project blindly. The stories came out little bit at a time. Ideas came from discussion and sharing from residents and other unlikely sources. It felt like a documentary actually; an investigation. I like this process of discovery.


Q:The Area of Koganecho didn't choose the typical urban development that momentarily replaces the existing townscape with skyscrapers. Instead we are trying to "revitalize" the town by working with existing buildings and inserting new softwares to them. We are carrying on this project with artists, architects and other people who are willed to transform imagination into reality. You often collaborate with other artists, certainly including Yasu, to realize a work. What do you think the charm of collaboration is?

Chris:I don't like to be in the same rhythm all the time. I would be very disappointed if I was creating work that didn't change and fluctuate. Collaboration pushes you to places where you don't normally go, just like the way certain locations and cultures challenge you when you are an outsider. At the same time, it is not just about collaborating with people, but you can also collaborate with infrastructure and objects. Like HEAVENHELL, in a sense, that was a collaboration with the idea of the Koganecho streets. I had to adjust for what the street was like now, while the street had to adjust to the image I was creating. I enjoy collaborations because I never know what will be the final outcome. I feel there is a definitive process to collaboration. If you collaborate with responsibility and good manners, then something unknown and fruitful will come of it. I would hope to collaborate more, especially with architects.


Q:Do you mind sharing the plans for your future work?

Chris:I'm working on another video installation involving highway bridges in Kuala Lumpur, which I hope to shoot by the end of 2010. At the same time, I'm writing my second feature film script set in my home town of Kota Kinabalu, Sabah, Malaysian Borneo.