ナターシャ・ガブリエラ・トンティさん(インドネシア)
2017年09月12日(火)

横浜市内の小・中学生を対象に、横浜市と横浜市教育委員会が主催する子ども向けワークショッププログラム「子どもアドベンチャー」。今回、黄金町エリアマネジメントセンターでは、「黄金町アートレポート!」と題し、「記者」の仕事を知るワークショップとして、「黄金町バザール2017」参加アーティストへのインタビューを行いました。参加した子ども記者による記事をお届けします。(2017.09.11)

「まだ使えるものをアートに」
ナターシャ・ガブリエラ・トンティさん(インドネシア)

natasha_001.jpg
ナターシャ・ガブリエラ・トンティさんは、小さいころから絵を描くのが好きで、アーティストになったそうです。ナターシャさんは高校生のころに、Tシャツに絵を描いた作品を出品しました。

natasha_002.jpg
ナターシャさんのアート作品は、黄金町から拾ってきたもので作られています。例えば、いらなくなった布団を使ってソファにしたり、冷蔵庫をビデオを観るところにしたりしていました。なかには、ナターシャさんと、タイ人のサン・ピッタヤー・ペーフアンさんが一緒に作ったものもあります。

natasha_003.jpg
「みんなはもっともっと欲しいと思っているけれど、すでに持っているもので満足できるよ」というのが、ナターシャさんが伝えたいことです。ぼくは、ナターシャさんの「すでに持っているもので満足する」という発想がすごいと思いました。これからは、ぼくもものをすぐ欲しがらずに、今あるもので満足したいです。

natasha_004.jpg

kodomo_ad_writer.jpg
文・高橋拓己(10歳)【左】 監修・齊藤真菜(ライター)【右】
  • 黄金町エリアマネジメントセンター
  • 〒231-0066
    横浜市中区日ノ出町2-158
  • TEL : 045-261-5467
  • FAX : 045-325-7222
  • KOGANECHO AREA
    MANAGEMENT CENTER
  • 2-158 Hinodecho,Nakaku,
    Yokohama,Kanagawa,
    231-0066,JAPAN
  • TEL : +81-(0)45-261-5467
  • FAX : +81-(0)45-325-7222
  • MAIL : info@koganecho.net