• english page
  • facebook
  • twitter
  • instagram

「猫の小林さん」の大きな庭を探しています!(YOKOHAMA AIR ACT実行委員会)※募集は終了しました
〜2019/12/25(Wed)


[更新情報]庭の募集は終了しました。2020年1月31日(金)から3月1日まで屋外展示を実施します!(2020/1/31)

[更新情報]設置に関してお寄せいただいた疑問・質問をQ&Aで公開しました(12/10)

mr_kobayashi_drowing_2020.jpg
Iikawa Takehiro, Drawing for Decoratorcrab - Mr. Kobayashi, the Pink Cat -, 2020

横浜市金沢区で巨大なアート作品《デコレータークラブ―ピンクの猫の小林さん―》を設置できる大きな庭を探しています!
日常生活の中に突如、蛍光ピンクの大きな猫を登場させ、人々が思わず写真が撮りたくなるような風景を一緒につくりませんか!?

①エリア:シーサイドタウン周辺
②環境:巨大な猫が隠れることができる建物や植物があるところ
③作品:サイズは提供していただける場所に応じて変動します。素材は木製の予定です。
④期間:2020年1月下旬〜詳細なスケジュールは話し合いながら決定します。


スケジュール|
庭リサーチ期間 2019年11月〜12月25日
庭近隣家庭との交渉期間 2019年12月16日〜25日
設置時期 2020年1月6日〜17日ごろ
公開期間 2020年1月18日〜未定
※具体的な日程は庭提供者と協議の上決定します

問合せ|個人宅、企業、学校など、どんな情報でもお寄せください!
E-mail:kobayashisan@koganecho.net
TEL:045-261-5467(黄金町エリアマネジメントセンター内)

----------------------------------------------
設置に関するQ&A ※庭の募集は終了しました
----------------------------------------------
Q.「猫の小林さん」ってなあに?
「猫の小林さん」は、アーティストの飯川雄大(いいかわ たけひろ)が国内外で展開する作品シリーズ「デコレータークラブ」に登場する巨大な猫です。

Q.なんでこんなことやりたいの?
日常生活の中で、あっ!と驚くアート作品との出会いをつくるプロジェクトです。もし、見慣れた風景の中に写真に収まらないほどの大きな猫が出現したら?その場でしか見られないモノ、伝わらないコトについて、考えてみませんか。

Q.雨風にさらされてもいいの?
大雨や強風等で倒壊することのないよう、専門家が設計、施工、管理をします。台風等の影響が考えられる際は、事前に撤去や補強等の対策を行います。

その他の疑問や質問はお気軽にメールまたはお電話ください!
E-mail:kobayashisan@koganecho.net
TEL:045-261-5467(黄金町エリアマネジメントセンター内)

★庭の募集は終了いたしました。ご協力いただきありがとうございました!★
2020年1月31日(金)から3月1日(日)まで、屋外展示を行います!詳しくはこちら



kobayashi_flyer_ol.jpg
「猫の小林さん」の大きな庭を探してます!チラシのPDFデータはこちらからダウンロードできます

kobayashi_art.jpg
Iikawa Takehiro,Decoratorcrab - Mr. Kobayashi, the Blue Cat -
Wood, fluorescent paint
850 x 1,150cm
Installation view: UMINAKA TAIYOSO AIR, Taiyoso, 2017



主催|YOHOHAMA AIR ACT実行委員会
助成|公益財団法人横浜市芸術文化振興財団、横浜市
協力|横浜金沢シーサイドタウンエリアマネジメント協議会(あしたタウンプロジェクト)


YOKOHAMA AIR ACT実行委員会とは?
横浜市の創造都市界隈拠点として活動する「BankART1929」と「黄金町エリアマネジメントセンター」が協同し立ち上げた実行委員会です。横浜市中心部と郊外部をアートプロジェクトでつなぎ、横浜市民の誰もが日常の中で文化芸術を体感できる環境作りを目指しています。

「猫の小林さん」とあそぼう!プロジェクト についてはこちらから