• english page
  • facebook
  • twitter
  • instagram

黄金町バザール2018プロジェクトプラン募集
2018/4/6(金)〜5/6(日)

See English information here

kb2018_opencall_3.jpg

11回目を迎える『黄金町バザール』は、「フライング・スーパーマーケット」をテーマとし、2018年9月21日(金)から10月28日(日)まで開催します。
このテーマに基づいたプロジェクトプランを4月6日(金)から5月6日(日)まで募集します。
特にジャンルの指定はありませんが、主催者が提供する施設が有効に活用された、会期中を通じて公開可能なプロジェクトであることが審査基準となります。
なお、提出するプランは未発表でオリジナルのものに限ります。


■■応募要項■■

応募要項 PDFデータ(826KB)update: 2018/04/06


■■申請書フォーマット■■

申請書[様式1〜3] xlsxデータ(22KB)update: 2018/04/06
申請書[様式1〜3] PDFデータ(119KB)update: 2018/04/06


■■募集概要■■

ご応募にあたっては、募集要項を必ずお読みください。


1.募集期間
2018年4月6日 (金) 〜 5月6日 (日) ※必着

2.採択件数
5件 ※審査の結果によっては、実際の採択件数が予定以上、または以下の場合もあります

3.会場について
今回は、会場を活かしたプランや、地域の店舗などのまちなかに広がるプランを募集します。会場には下記7つのパターンがあります。

A. 元違法風俗店舗(一戸当りの平均面積は約20㎡の2階建)
iwatake.jpg

B. 高架下のスタジオ
siteA.jpg

C. 高架下の空き地
koukashita.jpg

D. 川や橋
river_puyun.png

E. 壁面
wall_candybird.png

F. ウィンドウ・ギャラリー
windowgallery.jpg

G. 店舗(飲食店等)の一部
bazaarcollectors_takemoto.jpg


※審査の後希望された展示会場とは異なる会場を事務局から提案する場合もあります。
※プランが審査を通過した後、事務局が所有者と交渉・調整を行います。応募者による候補会場への事前の立入り調査・問合せ・交渉等は、所有者の方へのご迷惑となりますので固く禁じます。
※具体的な場所を明示しないプランでも構いません。



4.提出書類
A4のポケットファイル1冊に以下の内容をまとめて提出してください。
様式の1〜3は、申請書フォーマットでダウンロードしてください。
1.応募用紙(様式1)
2.企画提案書(様式2-1,2-2)
3.収支予算書(様式3)
4.ポートフォリオ(過去の作品写真や活動記録など)
※様式1~3はホチキス留めをせず、まとめてポケットファイルの1枚目に入れて下さい。
※現物の作品は受け付けません。
※映像作品の場合は1作品5分以内に編集したDVDを添付し、ディスクの表面に氏名を明記してください。
※1名(1グループ)につき提出できるプランは1件のみ。複数プランの提出は、応募資格を失うことになります。


5.提出先
「黄金町バザール2018」作品プラン募集係
住所:〒231-0066 横浜市中区日ノ出町2-158
   黄金町エリアマネジメントセンター
TEL:045-261-5467


6.説明会
本募集に関する説明会を下記の日時で実施します。参加を希望される場合、事前に申込をお願いします。
説明会以外の個別のお問い合わせには応じられませんので、ご了承ください。

日時:2018年4月21日(土)14:00〜15:30 ※途中退出可
場所:高架下スタジオSite-D集会場(横浜市中区黄金町1-2番地先)
内容:1. 今回のテーマ、開催概要、応募書類の説明、質疑
   2. 候補となる展示場所(一部)の施設見学
申込方法:タイトルを「黄金町バザール2018説明会申込」とし、
     「①氏名②電話番号③メールアドレス④参加希望人数」を明記の上、
     Eメールにてお申し込みください。
申込先:info@koganecho.net


■■テーマ「フライング・スーパーマーケット」について■■

 もともと「バザール」とは、中東地域の交流地点にうまれた市場を指します。そこでは地域の特産品や手工芸品が売買され、知識・文化の交流地となっていました。はじめは都市の門前で展開されていたものが次第に拡大し、門前から道へ、道から交差点へ、そして広場を含めた地域へと発展していきました。
 
 2008年に開催した第一回『黄金町バザール』は、「嘘のような本当の市場」を目指し、アートのみならず、音楽や食も含めたプログラムをまちなかに点在させることによって、かつては無数の小さな違法風俗店が立ち並んでいた地域のイメージを刷新するきっかけをつくりました。

〈マーケット(market)〉を〈超える(super)〉ものとして誕生した〈スーパーマーケット(super market)〉になぞらえ、2008年の第1回黄金町バザールが目指した「嘘のような本当の市場」をバージョンアップし再スタートを切ります。

今回の黄金町バザールは、会場を、これまで展開してきた元違法風俗店舗や高架下スタジオだけではなく、日ノ出町駅〜黄金町駅間の高架下沿いという線上を超えて、屋外空地や壁面、店舗、ウィンドウ・ギャラリーといったまちの隙間や、黄金町エリア周辺のコミュニティへも展開していきます。

一般的には画一的なイメージのあるスーパーマーケットが、地域ごとに少しずつ商品のラインアップやレイアウトを変えて人々の生活や文化の中に浸透していくように、「黄金町バザール2018」もこのテーマを通して、既存の「まち」としてのボーダーを飛び超え、多様な人々や知識が行き交い、多様な価値によって互いを触発する場となることを目指します。

  • 黄金町エリアマネジメントセンター
  • 〒231-0066
    横浜市中区日ノ出町2-158
  • TEL : 045-261-5467
  • FAX : 045-325-7222
  • KOGANECHO AREA
    MANAGEMENT CENTER
  • 2-158 Hinodecho,Nakaku,
    Yokohama,Kanagawa,
    231-0066,JAPAN
  • TEL : +81-(0)45-261-5467
  • FAX : +81-(0)45-325-7222
  • MAIL : info@koganecho.net