kas_nakamura.jpg
Atsuko Nakamura(アーティスト) インスタレーション、彫刻、映像を媒体に時間や記憶、エネルギーといった目には見えないものを視覚化するアーティスト。それらはモノや場の根底にある、磁力のように見えないけれど作用する力だと考える。作品は私たちがモノや場とどう関わるのかを考察する試みである。2011年Slade School of Fine Art 彫刻修士課程(英国)、2009年武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業、現在は横浜を拠点に活動。主な展覧会は2015年個展「意識と無意識の境界」金沢アートグミ(石川)、2015年「Intimate Transgreesions」Whitebox (NY)など、世界で発表している。