【黄金町芸術学校2014】小説家コース「職業小説家になるために知っておくべきこと」
12月〜2015年2月

小説家コース「職業小説家になるために知っておくべきこと」 
  
だれでも新人賞を獲れば小説家になれる......とは限らない。
職業小説家であるためには「いい小説を書き続ける」ことが必要条件ですが、
それだけで小説家として作品を発表し続けることができるわけではない。
統計データと実例をもとにして、どうやって登竜門を突破し、
どうやって職業小説家で在り続けるか、について考えます。
「新人賞の先」を見据えて小説家を目指す方と小説家について知りたい方のための講座です。
※「小説の書き方」はテーマとして扱いません。
   
shosetsu_agawa.JPG
 
 
スケジュール  
①12/6(土)「序論:登竜門と歩留まりについて」
小説家への入口としての新人賞について、統計データをもとに考えます。
 
②1/17(土)「小説家の経済:職業としての小説家」
小説を書くことを職業とする「小説家」のビジネスモデルを学び、小説家で在り続けることについて考えます。
※1/17の回は定員に達したため、受付を終了しました。
 
③2/21(土)「小説工学:アイデアから物語へ」
実践的に、小説家の道具立てと発想や取材の方法について考えます。
 
時間 
16:00〜17:30 
 
会場 
日ノ出スタジオ(横浜市中区日ノ出町2-145番地先 日ノ出スタジオⅠ棟) 
 
受講費 
各回2,000円
  
定員 
各回10名 
 
講師 

agawa_ay.jpg
阿川大樹(小説家) 1954年東京生まれ。東京大学在学中に、野田秀樹らと劇団「夢の遊眠社」を設立。座付き作曲家としてオリジナル劇中音楽を作曲。その後、半導体技術者を経て、シリコンバレーのベンチャー設立に参加。「天使の漂流」で第16回サントリーミステリー大賞優秀作品賞。第2回ダイヤモンド経済小説大賞優秀賞。著書に『覇権の標的』(ダイヤモンド社)『D列車でいこう』(徳間書店)など。最新刊は『インバウンド』(小学館)。2008年より黄金町で執筆活動をしている。日本推理作家協会会員。
公式サイト http://agawataiju.com

 
申込 
定員に達したため申込みを締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

  • 黄金町エリアマネジメントセンター
  • 〒231-0066
    横浜市中区日ノ出町2-158
  • TEL : 045-261-5467
  • FAX : 045-325-7222
  • KOGANECHO AREA
    MANAGEMENT CENTER
  • 2-158 Hinodecho,Nakaku,
    Yokohama,Kanagawa,
    231-0066,JAPAN
  • TEL : +81-(0)45-261-5467
  • FAX : +81-(0)45-325-7222
  • MAIL : info@koganecho.net