黄金町アーティストインレジデンスについて

NPO法人黄金町エリアマネジメントセンターでは、国内外のアーティストやデザイナー、建築家などクリエイティブな活動をする人を対象に、2009年よりアーティスト・イン・レジデンス(AIR)プログラムを実施し、アーティストの集積とまちに創造的で新しい価値を生み出すことを目指しています。

黄金町AIRプログラムは、空き店舗や高架下を活用した複数のスタジオが地域コミュニティの中に点在し、まちと一体となった環境で同時に多数のアーティストが制作できることが特徴のひとつです。
年間をとおしたレジデンス期間中は、国内外から集まるアーティスト同士の交流や地域コミュニティとの出会いから、多様な文化や価値を共有する機会を提供します。また、プレゼンテーションや作品発表の場をとおして、アーティストのキャリアアップにつながるサポートを行います。

2016年度のレジデンスアーティストの情報を見る

まちの風景
アーティスト連絡会議の風景